· 

学習済みエンジンの特許査定率

このグラフをご覧ください。このグラフは、特許庁の審査官が昨年の特技懇で発表された、機械学習関連の出願状況と特許状況を示したものです。

 

 

 

「第四次産業革命下におけるIoTに関する現状認識」、2017・9・15、特技懇No.286より引用)

 

このグラフ、確かに2009年以降、特許査定率70%以上が続いている分野であることを示しています。他の分野の特許査定率が40-50%であることを考慮すると確かに高い確率で特許が取れている事実を示しています。しかし、絶対数を見てください。特許出願件数は年間に30万件と言われていますが、2016年でも機械学習関連発明の特許出願件数は約300件。しかも暫定値であるとの注意書きも。つまり、母集団が少ない場合に統計的によく出てくるノイズかもしれません。

 

特に注意してほしいのは、この統計は、出願件数が急増した年と、特許査定率が高い水準で推移している都市とが異なることに気づいていらっしゃるでしょうか。それを考えずにいると、「件数増えたら、そのまま特許になるんだ」と読み違えてしまいます。

 

しかも、最近、特許庁でこの分野の審査に対する意見が広く求められていることをご存知でしょうか。いわゆるパブリックコメントというものです。これが出てくるときは、特許庁は何やらの見解を示す前触れ。非公式には、「やたらめったらこの分野で簡単に特許になるという風評は排除する」とのご意向も。つまり、他のソフトウエア関連発明と同等の特許査定率に収束してくるということ。ゆめゆめ「今が出願のチャンス」とか、「今ならすぐ特許に」などという口車に乗せられませぬよう。

 

逆に言えば、そういうことを言う専門家ほど・・・